うつ病の予後

うつ病は治療を始めればすぐに治療が終わるというものではありません。

骨折など病院に通う必要のある身体疾患と同じように、治癒していく過程にはある程度の期間が必要になります。
治っていく経過も、良くなったり、悪くなったりという小さな波をもちながら、階段をゆっくりと1段ずつ上るように改善していきます。そして、うつ病の8割ほどはほとんど以前の元気が回復している状態=「寛解」状態を迎えることができるとされています。
治療の期間は「急性期」、「回復期」、「再発予防期」と大きく3つの期間に分かれると考えられます。急性期にいちばん重視すべきなのが休養、回復期は薬物療法、再発予防期は精神療法・カウンセリングとなります。
つまり、それぞれの期間の重点は治療の3本柱にも相当すると考えてよいでしょう。
「うつ病を引き起こす原因はひとつではない」ので、3つの期間がそれぞれどれくらいの時間を要するかは、状況によってたいへん幅があります。
急性期が1か月~3か月、回復期が4か月~6か月、再発予防期が1年~、というのが典型的なうつ病の場合の大まかな目安となります。
もちろん軽症で早期に治療を開始した場合には、より早く再発予防期に移行することが可能となります。生活習慣病 と同様、早期に対応することが重要であることは変わりありません。
最後に大切なことをひとつ述べます。それは「元気が回復してもすぐに薬は止めない」ということです。
「回復期」の途中で寛解の状態を迎えます。
その時自己判断で薬を止めてしまう方が珍しくありません。
その結果せっかく寛解まで来たのに再発してしまうことがあるのです。
薬を減らしていくタイミングは主治医の先生によく相談することが大切です。
長期の服用は心配だと思いますが、この点は、血液のデータが改善しても生活習慣が改善していなければ、服用を止めると生活習慣病は再発するのと似ています。
根気強く「再発予防期」を過ごすことが大切なのです。

私の場合

私の場合は急性期、回復期等が数か月単位で過ぎていくものではありませんでした。発病して既に9年が過ぎています。回復期がいつから始まっていつ終わったのかは全くわかりない時期もありました。というか今現在自分がどの過程にあるのかさえわかないこともありました。そのような患者の方も多いのではないでしょうか。

ただいろいろなサイトを見ていると、長い長いトンネルの中にいる重症のうつ病の方でもう治らないと思われる方の中にもいずれは光を見出すこともあること分かります。そうした方の事例を支えにいつかは必ず治るという強い意志をもって粘り強く向かい合っていく必要があります。

楽観的に上手にうつ病と付き合っていくことが大事ですね。そうすればいつの間にか治っていたということもあるようです。