うつ病の治療法

うつ病の治療には「休養」、「薬物療法」、「精神療法・カウンセリング」という大きな3つの柱があります。こころの病気の治療は特別なものと考えがちですが、じつはこの治療の3本柱は身体疾患と基本的に同じです。たとえば骨折を例にとってみますとイメージしやすいかもしれません。骨が折れてしまった場合には、患部をいたわりギプスを巻いてあまり使わないようにします。これが「休養」にあたります。しかし腫れや痛みといった症状がひどい場合には、休養もしっかり取れません。そこで鎮痛剤を服用することになります。
このように苦痛な症状を軽減し休養を有効に取りやすくすることによって、自然治癒力を引き出そうというのが「薬物療法」です。さて最後に骨がまた折れることがないよう、再発予防を考えます。強い骨にするために日常生活でもカルシウムを多く摂取するように心がけるなど、生活習慣上の対応を考えていくのが「精神療法・カウンセリング」にあたります。

では治療の3本柱を簡潔に説明します。

1 休養

生命体は、傷んだ部分をあまり使わないようにすることで回復していく力を持っています。
うつ病は脳のエネルギー欠乏によるものですので、使いすぎてしまった脳をしっかり休ませるということが治療の基本といえます。骨折でも軽いひびが入っている状態と完全に折れている状態では休養の仕方が違うのと同様に、仕事を軽減する、残業をしないというレベルから、仕事を休んで療養する、というレベルまでさまざまです。
自宅療養をしていても家族に申し訳ない気持ちで過ごしていると落ち着かない、というような場合には、軽症であっても一時的に入院することがよいこともあります。

2 薬物療法

治療には「休養」が何よりも不可欠ですが、苦痛な症状により十分に取れないことがあります。
また、脳内の神経細胞の情報伝達にトラブルが生じています。そのため、脳の機能的不調を改善し、症状を軽減するために薬物療法がおこなわれます。
人によっては薬に頼ることに抵抗感をお持ちになる方もいらっしゃいますが、身体の病気と同様に、「脳という臓器」がエネルギー欠乏の状態による障害が起きているため、薬を使用すると考えてみてはいかがでしょうか。
うつ病には「抗うつ薬」という種類の薬が有効であると考えられています。
抗うつ薬によって、「人格が変わってしまうのでは」、「自分ではなくなってしまうのでは」という不安や恐怖を感じる方がいらっしゃいますが、もともと自分が持っているセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が有効に機能するようサポートするのが、抗うつ剤の役割です。具体的には、もともと自分の脳内の神経細胞にあるノルアドレナリンやセロトニンなどが、神経細胞と神経細胞の間で多くなるよう働きかけます。
ただ、抗うつ薬は即効性のある薬ではないため、効果が現れるまでに少し時間がかかります。効果の発現にはおおむね2週間くらいとお考えください。時にすぐに効果が現れないからと服薬を中断してしまう方がいらっしゃいますが、主治医の指示に沿って一定期間継続することが大切です。
最近の抗うつ薬は副作用も少ないものが開発されていますが、眠気、胃腸症状などを自覚することがあります。副作用の特徴としては服薬開始の1週間ほどに感じやすく、徐々に軽減することがほとんどです。
ですから最初の1週間は効果の発現も明らかでないので、副作用のみを感じやすい時期ですが、副作用がつらい時には専門医に相談してください。
多くのうつ病患者さんは不眠を伴っています。また、不安感や恐怖感などで苦しんでいる方もおられます。これらの症状には睡眠導入剤や抗不安薬(精神安定剤)などが併用されることは珍しくありません。
これらの薬物は抗うつ薬と違って即効性がありますので、服用から効果が現れます。

3 精神療法・カウンセリング

「うつ病を引き起こす原因はひとつではない」ので、休養と薬物療法のみでは治療できません。
抗うつ薬で環境要因は解決しませんし、ましてや性格傾向も変わりません。精神療法・カウンセリングは主に再発予防という観点が中心となります。
同じような状況の中で、うつ病が再燃・再発しないように、ご自身の思考パターン・行動パターンを見直すということになります。
精神療法・カウンセリングの中には、支持的精神療法、認知行動療法、対人関係療法などさまざまな治療法がありますが、共通している点はご自身の中に持つ「生きる力」を見出す天です。
重要なこととして、精神療法・カウンセリングは心の専門家が一方的に行うものではなく、患者さんが専門家とともに考えていくという自主性が必須となります。
医師が食事指導を行った際、大切なのは患者さんが食生活習慣を改善する意志と行動であるのと同じです。

※ 私の場合

特殊なケースでしょうけど、休養や薬物療法はほとんど効果はなかったと思います。休職しても気分が楽になることはありませんでした。もちろん仕事は出来ないので休養はしていましたけど。I診療内科の主治医はそういう私を見て頭をかしげていましたが、日常的な仕事のストレスや職場の人間関係などがが原因ではなかったことから気分が楽にならないのは当たり前のように思います。I診療内科の主治医は私のようなうつ発症のケースをあまり知らなかったのではないかと思います。

抗うつ薬を服用しても意欲が高まることはありませんでした。むしろ薬の副作用で焦燥感が増したり、睡眠障害がひどくなることもしばしばでした。昔に比べると現在はうつ病に処方される薬も大変多くなりましたが、効果がないにも関わらずたくさんの薬が処方されるいわゆる薬漬けの患者も増えているのではないでしょうか。抗うつ薬だけでなく抗精神病薬を投与され私のようにジストニア(痙性斜頸)を発症した人も少なくないようです。どんな薬にも必ず副作用があります。薬の処方については医者任せにせず、自分で効能・副作用を十分理解することが大事だと思います。

精神療法はどうだったでしょうか。日常のうつ病診療において一般的に行われている支持的精神療法は効果があったかもしれません。しかしその他の精神療法は試したことがなかったように思います

基本的に私は抗うつ薬がほとんど効かない体質なのだと思っています。唯一時間の経過だけが症状を少しづつ和らげてくれたように思います。9年という年月の流れの中で初めて脳細胞が修復されているのではないかと思います。

また、主治医との相性もとても重要です。主治医との会話がしっくりしない、主治医のアドバイスに疑問がある、薬の処方は大丈夫なのか、なにより何年も治らないのは合点がいかないなど、長年同じ主治医にかかっているといろいろな疑問が生じてきます。そういう時には別の先生の意見を聞くことも大切です。しかし疑問は生じてもうつの症状が重い時には転院を考えたとしても、それを実行に移す気力がない場合もあるかと思います。私がそうでした。3年目程で転院も考えましたが、実行に移す気力がなくずるずると8年も同じ同じ病院に通ってしまい後悔しています。適切な治療を受けるためには自分と相性のいい先生を積極的に探すことも大切だと思います。

最後は家族の協力は不可欠です。うつ病のために離婚や家庭崩壊という事例も見受けられる中で、私は幸いにも家族にずいぶん助けられました。家族も辛い毎日を送ってきたのだと思います。近付き過ぎず、離れ過ぎず。頑張れという励ましはいけません、本人は十分に頑張っていますから。辛いときはいつでも言ってという構えが一番だと思います。本人の状態をそのまま受け入れじっと見守ることが重要です。太陽が昇らない日はない、いつかは笑顔が戻ってくることを信じて寄り添っていくことが大切だと思います。