うつ病の患者数

厚生労働省が実施している患者調査によれば、日本の気分障害患者数は1996年には43.3万人、1999年には44.1万人とほぼ横ばいでしたが、2002年には71.1万人、2005年には92.4万人、2008年には104.1万人と、著しく増加しています。

「最近うつ病が増えた」と強調されることがありますが、数字の解釈には注意が必要です。
うつ病は検査などで明確に診断できる疾患ではないため、診断基準が少し変わることによって、診断される患者数にかなりの差がでてきます。
最近の増加が本当の増加なのか、うつ病であるという判断方法の違いの影響が大きいのかは、十分注意する必要があるでしょう。

※私の周囲では

私の会社では、精神的疾患で休職する人は確実に増えているという印象を受けています。事実私が最初に休職した頃には同じ職場の人が前後して3人相次いで休職していました。ストレス社会がジワジワと広がっているのでしょうか。

9年経過した今でも、あの人が精神疾患で休職しているのとびっくりすることがあります。またうつ病などの精神疾患が増加してきたのにともなって、うつ病に対する理解が広がっているのと反比例して、休職できる期間が短くなってきたり、勧奨退職されるケースが多くなってきているように思います。

会社としてはその存続を維持するためにはしょうがないことかもしれませんが、患者にとっては社会復帰しにくく生きにくい社会になっているような気がします。