高島忠夫

高島 忠夫さんといえば、料理番組「ごちそうさま」や「クイズ・ドレミファドン!」の名司会で覚えておられる方も多いのではないでしょうか。
奥様は女優の寿美花代さん、そして息子の政伸さん、政宏さんも俳優の芸能一家として人気を誇っていました。そんな高島 忠夫さんもうつを発症し、その後克服しています。

高島忠夫さんがうつ病と診断されたのは1998年のことです。
当時はレギュラー番組を4本も持っており順風満帆の安定した人気で芸能活動を行っていました。26年に渡る「ごちそうさま」の司会が交代となったこと、阪神淡路大震災によって自宅が全壊したこと、そして母親が入院してしまうなど立て続けに不幸なことが起こりました。
生来真面目で仕事や家族に対する責任感が強い性格が災いして、これらのストレスから睡眠薬をお酒で飲むほどの不眠症とアルコール依存症になってしまい、その後重度のうつになったと言われています。

高島忠夫さんのうつの克服は家族の献身的な協力の賜物です。家族がうつのことをしっかりと理解して一丸となって高島忠夫さんのうつの克服のために戦いました。医師からは入院による治療をすすめられたそうですが、妻の寿美花代さんが自宅での治療を選択しました。

高島忠夫さんの母親が亡くなった時に医師からは忠生さんの症状が悪化するといけないので亡くなったことは内緒にしておくように言われました。寿美花代さんはそれ以来、母親を連想させるもの全てを忠夫さんから遠ざけます。母の日関連のチラシや記事、テレビで母という言葉がでたらチャンネルを変えるなどしていた時にふと我に返って「これは喜劇やな」と政伸さんに言って大笑いしたそうです。

このことがきっかけで家族も思いつめるのではなくユーモアのセンスを大事にして無理にでも笑いを作ろうと心がけたそうです。この甲斐あって高島忠夫さんのうつは少しづつ克服の方向へと導かれていきます。辛いことを無理にでも笑い飛ばす家族の気遣い。うつの克服にはこのような家族の協力が大事ですね。