丸岡 いずみ

元日本テレビのニュースキャスター、丸岡いずみさんは東日本大震災の取材を引き金にうつ病を発症しました。地方局のアナウンサーからキー局の記者、キャスターに転身し、走り続けてきた丸岡さん。

最初に異変に気づいたのは平成23年7月でした。眠れなかったり、食欲がなかったりした日が続きました。「疲れているし、体調不良かな」と思いましたが、当時は夕方のニュース番組のキャスター。震災の取材も定期的に続け、休むことは考えられませんでした。
体調はどんどん悪化しました。下痢が続き、一睡もできない日が続きました。そして8月29日、民主党代表選挙の日。今まで感じたことのない不安を覚えながら会場のホテルで取材し、番組に出演しました。普段ならすらすら読める文字でも自信がなく、山や川など簡単な文字にもルビを振りました。放送中、「これが終わったらもう無理だ」と思いました。 放送後、上司に休みが欲しいと訴え、翌日には故郷・徳島の実家に帰りました。

実家に戻ったものの週刊誌の記者から取材攻勢を受け、いとこが勤務する病院に入院する形でかくまってもらいました。そこから精神科のある病院に通いました。
診断はうつ病。でも、受け入れられませんでした。医療の取材をする機会も多く、うつ病の知識はありました。先生からは「脳の病気だから」と説明を受けましたが、「うつ病は精神的に弱い人がなる」という偏見があったようです。「自分がなるはずがない」と思っていました。
処方薬もほとんど飲みませんでした。もともと健康優良児で薬への抵抗感がありました。「人格が変わるかも」という間違った認識に縛られていました。
入院から2カ月ほどたった11月に退院し、帰宅。しかし、体調は悪化の一途でした。「死にたい」と思ったり、被害妄想にかられたりしました。結局、過換気症候群となり、再び入院することになりました。治療に向き合ったのはそれからです。

薬が効きやすいタイプだったようで、2週間で体調不良も改善され、気分も晴れていきました。「もっと早く薬を飲めば良かった」と思いました。薬が効いたことで、「鬱病は脳の病気」と認めることができるようになりました。うつ病だと受け入れられました。
両親が精神疾患に対する理解があったことにも助けられました。「やりたいことはやればいいし、やらなくていいことはしなくていい」という言葉に救われました。

夫とは交際前でしたが、実家に戻っている間も連絡を取り合いました。うつ病だと電話で告白したら、「誰でもなる病気だよ」と、意外な言葉が返ってきました。そんな考え方をする人もいるのだと、ほっとしました。「大変なのは分かっているから返事はいらない」というメールも支えになりました。孤独感が募っていた時期に「1人じゃない」と思えました。

父が言ってくれた「休むことも生きること」という言葉は心に残りました。休むと生きている感じがしないという人もいますが、休むのも大事なこと。うつ病の症状は人それぞれですが、休む環境をつくってほしいと思います。

うつ病の引き金は東日本大震災の取材です。発生直後に岩手県陸前高田市を取材した際、水を飲んで紫色に膨らんだご遺体をたくさん目にしました。当時、現場は戦場で、1千年に1度といわれる現場を前に休める状況ではありませんでした。
しかし、その後、密着取材した陸前高田市の仮設住宅の方から、うつ病で休んでいるときに「がんばって」という色紙をいただきました。「被災地の方々も十分大変なのに気遣ってくれている」と、すごく励まされました。

就職してからは仕事が充実しており、高速道路をハイスピードで走っているような生き方でした。今は結婚して、「主婦、ときどき仕事」という生活です。一般道を景色を見ながら、ゆっくり自分のペースで走っている感じです。
うつ病は、自分の人生を振り返る良い機会になったと思っています。