漢方薬店を訪れる

   

早いものでリハ勤務も終盤である。来週から毎日勤務で
フルタイム勤務である。これが2週間続きリハ勤務は終了
となる。

昨日は同僚から新しい仕事を貰った。職場のあっちこっち
をいろいろ見て回って、そこにある書類のデータを調べ
エクセルに入力していく作業であう。どこにどういう書
類があるか見つけながら行っていかなければならない。
まあ、2週間はかかるかなあ。

そういえば、以前からやっていた入力作業は未だに続いて
いるが、入力間違いが多いことが分かった。1回目の入力
をすると、だいたい2~3か所の間違いがあることが分か
った。一昨日は担当者が休みだったので、一旦担当者に渡
した書類を改めて取り出し、8件ほどあったが、入力ミス
がないかどうか見直した。

やはり入力間違いがたくさんある。1件につき少なくとも
2か所ほどの間違いを見つけた。多い箇所は2~3行に渡
って入力が抜け落ちている。ひどいものである。見直して
良かった。このまま見直さずに担当者が見れば、何と間違
いが多いかびっくりされただろう。

今日は鍼灸の日である。久しぶりにバスを使ったが、乗車中
眠くて仕方がなかった。降り損なわないようにと窓の外を
ちょくちょく見ながら少し眠りこけていた。今日は鍼灸院の
先生の手がなぜかしらいつもよりもかなり暖かく感じた。
手首もそうだし、お腹もそうだし、足首あたりもそうである。
先生の手がかなり暖かい。私に体が冷たいのか、先生の手が
熱いのか、どちらだろう。でも特に先生からは何も言われな
かった。

鍼灸が終わった後、町中にある漢方薬局を訪れた。いきなり
漢方である。突然と思われるかもしれないが、実はうつを
発症してから半年ほどして、回復のめどが立たないので、西洋
医学の限界を感じて東洋医学を探していた。どこか漢方で治療
してくれる病院がないか探したが、精神疾患を漢方で治療して
くれる病院は私の地元にはなかった。

それ以来、漢方のことはすっかり忘れていたが、ここ3.4日
病院はなくても、漢方薬局ならあるのではないだろうかと思い
立った。ネットで探してみると、神経疾患を治すことに力を入
れている薬局があった。場所も街中で生きやすい所である。

ということで、今日は問診表を書いて持参した訳である。問診
表を渡したが、舌の状態をどう書けばいいのか分かりませんで
したというと、舌を見てもらった。下の表と裏を診てもらった。
すぐに分かったという感じだった。

不眠症が主ですね、と聞かれたので、そうですと答えた。
私は減薬を続けてきたが、睡眠が完全に薬に依存していた。
今服用している薬がなかなか減薬できない。漢方で何とかでき
ないだろうか考えたわけである。不眠も漢方で治りますよ、と
いわれたので、試してみようと思ったわけだ。

処方しますので、いつ来れますかと聞かれたので、通勤途中なの
で、月曜日にでも来れますと伝えた。また費用がかかる治療が
増えそうだが、元気で仕事が出来ればすぐに取り戻せる。

 - うつ病闘病日記