うつの原因と治療法

   

うつの原因を、職場の人間関係、親子関係、過重労働、
考え方、性格、などなど1つの原因に決めつけてしま
う人が多い。

自分がそうだからと言って、他人もそうだとはいえな
いのに。自分の体験を絶対的に評価し、他人にもあて
はめようとするのだ。私から言わせれば非常に視野が
狭いように感じる。

特に人間関係を原因にあげる人が多いが、確かに人間
関係でうつ症状を呈する人はあるのだろうが、うつに
なったから対人関係がこじれたという人も多いはずで
ある。

人間関係というのは生まれてからずーと経験している
ことであり、ある日突然おかしくなるというものでは
ないと思う。例えばどこの職場にいってもどうしても
苦手な人は必ずいるものである。そういう人とは誰し
も仲良くなりたいと思っているわけではないだろう。

仲良くしたいのに仲良くなれないのであればこれは
ストレスになるだろうが、所詮は他人であるから一生
付き合うわけではない。職場関係が終了すればおのず
と会うこともなくなる。

それと、考え方、性格を原因という人も多いようだ。
自己否定感がうつを生じさせると唱える人がいるが、
私はうつになったから否定的な考え方になったという
人が圧倒的に多いのではないかと思う。私の周囲をみ
てもパソコンサイトを見てもそう思わざるを得ない。
考え方、性格を原因という人という人は、結局うつは
気の持ちようでなるのだ、といっているに等しい。

私は改めて思うが、うつが気の持ちようとか、対人関
係とか、そんな単純な理由だけで発症しているとは全
く思っていない。

治療法も同じである。休養・服薬・精神療法が3本柱
と言われているが、それで果たして治っているのだろ
うか。いや、治らない人が多いのである。特に服薬で
5割から7割の人はよくなる、と書いてある書物もあ
るが、私の周囲ではとてもそんなに治る人が多いとは
思わない。

何がきっかけで治るかというのは本当にひとそれぞれ
だと思う。治らないからといってどんどん薬を増やし
ていって薬漬けになった人が減薬してスーと治る人も
いる。主治医を変えて回復してきた人もいる。時間の
経過で自然と治る人もいる。鍼灸で治る人もいる。

回復へ至る経過は百人いれば百通りあるのであり、自
分で見つけていかなければならない。ただ私が特に思
うのは人には必ず自然治癒力があって、その自然治癒
力を最大限発揮されるような日常生活を送ることも、
ひとつの治療の方法かなあと思うことがある。

身体の病が自然治癒力が欠かせないのだあれば、心つ
まり脳の病も自然治癒力が欠かせないと考えてもおか
しくないだろう。

 - うつ病闘病日記