異動希望はどうしようか

   

来年3月で丸3年となる。前任者からの経緯では3年で
だいたい異動しているようである。出先は3年か。まあ
病気もちでなければこんなところで3年もいればあきる
だろうな。退屈だし、なんといってもスキルアップがで
きない。

出先でももちろん重要な仕事はあるのだが、何しろ仕事
の量が少ない。まあー残業をしなくていいのでそういう
メリットもありはするが。ただ出先の種類によっては、
仕事の量も質も少ない所もある。

ところで新採当初から出先に配置される人がいるが、ど
んなものだろうか。一番仕事を覚える時期なのにあまり
にも単調なルーティンの仕事ばかりのところもあるので
スキルがつかず、かわいそうに思う。就職始めたばかり
は分からない所は何でも先輩たちに教えてもらう事には
抵抗がないが、入社して5、6年も経つとなかなか聞け
ないこともある。そんなことも分からないの、という感
じである。

私は入社して3年ぐらいは、全くの単純作業をしていて
仕事の基本は覚えることができなかった。
しかし、次の職場に行ったときは仕事の基本が分からな
ければ出来ない仕事だった。物凄苦労したことを覚えて
いる。前任者に何回も聞きに行って手探りで頑張った。
後から考えれば、それは基本中の基本であったので、
聞かれた前任者もびっくりしたかもしれない。

だから、例えば経理などは出来れば20代に経験するの
がベストなのだが、会社の基本的な仕事を若いときに経
験しとかないと、あとあと本人が困るだろう。

よし、異動希望を出そう。
しかし希望先はどうしよう。競争率の高い職場を書くと
異動できない可能性もある。私の仕事をしてきた人はほ
とんど3年で異動している。しかしその人たちが希望先
を書いたのか、それともどこでもいいと書いたのかは分
からない。

どうしようかな、私が希望する職場は人気がありそうで
ある。競争率は高そうであるし、第一そこの職場の人が
異動希望を出していない可能性も高い。

そこの職場の人が異動希望を出していないときは他の職
場に回されるのではなく居残りになるのではないだろう
か。もう一年ここで頑張れるかどうかである。頑張れそ
うであれば、希望先を書いてもよいだろう。しかし、も
うこの職場には絶対にいたくはないと思えば、異動先は
どこでもいいと書いていいだろう。

うーむ。難しい。これもうつ病を抱えているからなのだ。
うつ病でなければ、もちろん異動したいがどこでもいい
と書くだろうな。

でもいいや、書いてみよう。

 - うつ病闘病日記