うつ病が悪化傾向

   

最近うつ症状がはっきり悪い。意欲の低下が著しいし、
憂うつ感が酷くなっている。主治医に薬の量を増やし
てもらったが、やはり効果はない。

仕事にも影響が出ている。ほとんど仕事が出来ない状
況である。ソワソワ感も酷くなっており椅子に座って
いること自体がとても辛い。上司に相談するしかない
だろう。なんて言えばいいのだろう。

課長に自分の症状を説明してしばらく業務の負担を減
らしたもらえないかと相談。課員を集めて対応を協議
してもらった。負担を減らしてもらうと言っても、皆
さんめいっぱいの量の仕事を持っているので、課員の
皆さんにはとても迷惑の話だろう。

話の結果、半分程の業務を他の人にしてもらえることと
なり、私は一部単純な作業をしていいこととなった。
同僚に大変な迷惑をかけるが、感謝。

私は比較的に単純な業務をしばらくはすることになった
ので気持ちは少し楽になった。しかし、前の職場に続い
て今の職場でもこんなことになるとは思いもしなかった。
きつくはあったが、何とか乗り越えることができるだろ
うと思っていただけに、残念な結果である。

単純な業務というのは主に嘱託員さんと組んでやること
が多いようである。その嘱託員さんは私よりも若いが、
性格も良く、よく仕事もするしで私にとってはいい相方
を得たという気持ちである。仕事の休憩時に缶コーヒー
を貰ったりあげたりして、とても感じのいい嘱託さんで
ある。

単純作業であればできるのか。こうした作業をいつまで
続けていいのかはまだ分からない。半年とか1年とかそ
んなに長い期間続けていいということには常識的に考え
てないだろう。他の社員さんの負担を考えれば2・3月
か月というところだろうか。

だからその間に少しでも体調をあげることが必要である。
何をしたらいいのかなあ。気分転換に散歩とか映画とか
行っているのだが、他に何かあるだろうか。特に何もな
いような気がする。

第一憂うつ感や意欲の低下が目立っているので、まず何
もしたくないのである。一日中畳の上で大の字になって
休んでいたい気がしている。こんな状態なら本当なら仕
事は休む、つまり休職しなければならない状態なのでは
なかろうか。

復職してから3年以上経過しているが、自分ながらよく
我慢して仕事を続けてきたと思う。多分、こんな状態な
ら多くの人が仕事は休み、その後は退職せざるを得ない
ことになるのではないかな。

私はまだ学生の子供が2人いるので、退職など絶対にで
きない。

 - うつ病闘病日記