散歩に行く

   

最近は妻と散歩に行くようになった。特に目的は決めてい
ないがその日思いついたコースを歩くようにしている。
だいたい3つのコースを歩くことが多いようである。
歩くのはうつに良い影響があると言われていることも理由
である。

途中までバスで高台の頂上付近まで行き、そこで降りて、
それから歩きへ。国道から脇道に登りそれた道をぶらぶら
歩く。ゆっくりのペースだが歩きなれないので30分も歩
くと足の付け根が痛くなる。妻の方が歩くのが速い。なん
でだろう。一生懸命急いで歩いているのだが、気が付くと
妻の10メートル後方にいたりする。

高校までは運動の部活に入っていたので、何時間でも走れ
たが、ある時に病気を患い、以来40年運動から遠ざかっ
ている。

散歩の途中で名所もあるので観光客とすれ違うことも多い。
だいだい3時間ほどの散歩で私には十分だ。いつものよう
に帰り道のアーケードの店でアイスクリームを買って歩き
ながら食べる。ここの店は種類が豊富で毎回違ったのを食
べるのが楽しみだ。

アイスクリームが大好きな子供たちには内緒で私たちだけ
食べるのは少しきがひけるがたまにはいいかな。

ここの店は最近出店したようだ。本店は遠方にあるのだが
よく売れているのだろう、他にも出店しているのだろう。
最初は本当に度かにでもある小さな子店だったと聞く。
しかし経営の仕方や立地状況もよかったのであろう。
あれよあれよといううちに全く想像できない程大規模な
大型店となった。車のナンバーを見ると、かなり遠方から
きている人もいる。
私たちも6・7回は行っているだろう。

うつ病には散歩は気分転換になるので主治医は大いに結構
というが、正直私にはそれほどの効果はない。山あり川あ
りでこのコースななかなかいい。家人とのコミュニケーシ
ョンにも一役買っているようだ。

帰りは少し登りになるので、また足が痛くなる。川沿い
に沿って歩いていくと、川に沿って空き家が目に付く。
中には今にも朽ちて倒壊しそうな空き家もある。
道路が狭いので車が利用しにくい理由もあるのだろうか。
確かに道は狭い。一方通行なのかどうか分からないのだが
車はほとんど通らない。

帰りのバス停までの50メーターほどは一番の難所である。
と言っても少し傾斜がある、というぐらいではあるが。
バスがすぐ来ればよいが、行ったばかりだと15分程待つ
ことになる。

家に着くとホッと一息。お茶でも飲みながらテレビなどを
見て過ごす。体を動かしたので昼寝をすることもしばしばか。

 - うつ病闘病日記