お茶を飲み始める

   

仕事中落ち着かない。椅子に座ってじっと座って
いることが出来ない。

うつ病発症時から続いている胸のあたりのソワソワ
感が強くなっているような気がする。トイレに立つ
回数も増えている。午前に6回、午後に6回以上は
行くだろう。同僚もおかしいと思っているだろう。

特にここ数か月でお茶の量が増えているように思う。
ネットで調べても相変わらずうつ病で似たような症
状は見つからない。職場で3リットル以上のお茶を
飲まなければならなくなった。3リットルといえば
大変な量である。

原因は違うと思うが多飲症という病態はあるそうで
ある。酷くなると血液が薄まり、命にも関わるとあ
る。怖い。どうなるんだろう。

多飲症は精神病院に入院している人にも多く見受け
られる症状だと書いてあった。また精神病薬の副作
用として生じることも多いと書いてある。

もしかしたら私も薬の副作用が原因なのかと思って
もいた。しかし主治医に聞いても、産業医に聞いて
も、うつ病が原因とか薬の副作用であるとかの回答
は得られなかった。こうゆう症状を本当に見たこと
がなかったようである。

自宅にいても水分を取らないと落ち着かないので、
仕事のストレスからきているものでもないようだ。
自宅でもお茶を5・6杯は飲むだろう。飲む瞬間だ
けががモヤモヤ・そわそわ感が薄れるのである。

病気になった経過が特殊だったために症状も特殊な
のだろう。本当にそう思う。薬も効かないし、散歩
しても気分は変わらない。早寝早起きして生活リズ
ムを整えてもだめである。

睡眠薬や抗うつ薬などを飲まないと眠れない。
寝る前に暖かいホットミルクを飲んでもダメである。
ぬるめの湯につかってもダメである。
玉ねぎのみじん切りを枕元においてもダメだった。
およそ考えられるだけの事はしたつもりだったが
ダメである。

お茶の飲みすぎで体がどうなってしまうかも非常に
心配である。水中毒というのがある。水分は適度に
取ると健康増進になるが、取れすぎると悪影響があ
る。水中毒になると最悪の場合死亡することもある
と書いてある。

頭の中ではお茶のことで一杯である。こういうこと
になるとは思いもよらなかった。いつまでこの状況
が続くのであろう。1年だろうか、3年だろうか。
もっと長くであろうか。

酷い落ち込みは1年半でなくなった、猛烈なソワソワ
・モヤモヤ感も6か月でなくなった。だからお茶の飲
みすぎもいずれ治るのではないだろうか。そう期待し
たい。それまでは我慢するしかない。

 - うつ病闘病日記