夏のイベントの開催

   

今日は日曜日だが、仕事でイベントがあるので、いつもの
時間に出勤。デスクワークではないため、いくぶん気持ち
は楽かな。でも私は初めてなので少し緊張気味である。

イベントでの仕事は事前に分かっていたが、果たしてでき
るだろうか。イベント開始から1時間、ああこういうもの
かとおおよそ分かると少し安心した。手が空いていれば自
分も参加していいとのことなので、私も2回程やってみた。

なかなか初めてにしては面白くできている。
自分も参加してみて楽しさが分かってきた。

3時間ほどでイベント終了、皆さん暑い中をお疲れ様。
その後、打ち上げにいった。
他の部署からの応援もあったので、打ち上げの参加者は
25名を超えているだろうか。

せっかくの休みの日に仕事に来てもらって、良くできた
人たちだ。今の私なら協力できないだろう。聞くところ
によるとイベントの時は毎回他の部署から応援してもら
っているとのことだが、毎回協力してくれる人も多いと
いう。

歓送迎会などとは違って打ち上げは開放的でいい感じで
ある。私はというと主に料理番である。普段こういうこ
とはしないので結構面白い。

1時間程すると助っ人の人がどこの職場の人かが分かって
きた。忙しい職場の人もいるようだ。本当にありがたい。

ただ聞くところによると、今回のイベントは今年で最後と
のことである。楽しかったのになぜなの、と思うが、係の
方針で来年は違うイベントをするそうである。なにはとも
あれ面白いイベントであれば大歓迎である。

元気な頃にいた職場でも年4回程のイベントがあった。
私はもっぱら裏方ではあったがいつもより大勢のお客
が来ててんてこ舞いだった記憶がある。裏方でもこんなに
忙しかったので、表舞台の人たちはさぞ大変だったこと
だろう。当時はあまりイベントの企画などは考えたことも
なかったが、一番大変なのはやはり企画なのであろう。

今回も企画するのは別の係だったので、企画に携わることは
なかったが、もし携わっていたとしても何のアイデアも出せ
なかっただろう。私はもともとそういう仕事には向いていな
いと思っている。これは昔も今も同じである。まあ企画など
を出す能力があまりないということである。

そういう意味では私は会社にとってはあまり優秀な社員では
ないが、反面、実行することについては人並みに能力はある
のではないかと思っている。実行する人もいて初めて物事は
先に進むので、私なりに頑張っていけばよいのだろう。

 - うつ病闘病日記