庶務の仕事に戸惑う

   

4月に年度が替わったあとしなければならない庶務の仕事
がまだ終わらない。4月中にしなければならないのに。
もう6月である。まさに綱渡りのような状態を超えて
綱から落ちた状態である。

慣れてないのでどうすればいいのか分からない仕事もある
し、そもそもしなければいけない仕事が何なのか分からな
い部分もある。

同僚から指摘されて初めて知ったものもあるし、社員から
自分のあの件はどうなってるのと聞かれて初めてする
必要がある仕事だと分かったものもある。

もう6月になるのにこれはダメだろうと意気消沈。
自宅にいても仕事のことが気になる。うつ病前は考えられ
なかったことだ。元気な時も庶務はしていたが、こんなに
滞ったことはなかったのではと思う。

当時は一体何を参考にしていたのであろうか。特に処理が
遅れることもなかったし、処理し忘れたこともほとんどな
かったと思う。嘱託員やアルバイトも多かったので、結構
仕事量は多かったのだがそんなに時間を費やした記憶は
ない。

今思えばスーパーマンのように何でも素早く出来たのだろう。
あの頃が懐かしい。忙しくはあったが毎日が勉強で充実して
いた。分からなかったことも紙が水分を吸い込むように次々
にマスターしていった。

研修会にもよく参加していたなあ。ある研修会では講師の話
にえらく感激し、仕事や私生活に対する意欲がめちゃくちゃ
高まってそれまで受けた研修で一番良い研修だと感想を書い
たこともあった。

さて今の庶務の仕事である。同僚から指摘されながらの仕事
である。憂うつ感は相変わらず強いのに、これに不安感が
のしかかって本当に辛い。庶務の他にもやらなければならな
い仕事がたくさんあるのに、全く手を付けられない。

本当であれば、こういう時は上司に相談するものと思うのだ
が、上司はもともと仕事をしない人で、全く部下の事を考え
てくれる人ではないので、相談しようもない。全く嫌な上司
に当たったものだ。まさか噂の上司にあたるとは思ってもい
なかった。

2か月様子を見ていて分かってきた。まず自分の仕事をなる
べく少なくしようとする行為が見え見えである。そのため
その仕事が係員に回ってくる。ほかの係員も同じ思いをして
いることは明らかである。

とにかく庶務は早く片付けないといけない。中途半端で他の
仕事をしようとすると、とんでもないことにもなりそうであ
る。期限を過ぎると影響が発生する可能性もあるので、それ
だけは避けなければならない。頑張るしかない。

 - うつ病闘病日記