異動なし

   

4月の異動はないことが決まった。元々希望は出していなか
ったのでうつ病の私には当たり前のことではあるが、さて4
月からの業務は変わるのだろうか。

6年目になる私は何時しか古株の部類に入ってきた。
本当なら全て何でも分かっていてのでは当然の年数であるが、
なにぶんうつ病を発症したので、それ以降習得したことは何
もなくそれどころか以前習得したこともかなりの部分忘れ去
っている。

新しいことを覚えるのはもう無理である。そうした意欲がな
いので頭に入らないし、理解することも難しいと感じる。
以前主治医に仕事を理解する能力が落ちたように思うと言っ
たことがあるが、その時主治医はそうゆうことはないはずだ、
うつ病で理解力が落ちることはない、と言われたことを思い
だしたが、なぜそう言われたんだろう。普通は理解力が落ち
ることはないのだろうか。
私は意欲の減退は理解力の後退に通じると思うのだが。
理解することは理解しようという意欲があって初めてその能
力が発揮すると考えるのが自然ではないのか。理解をつかさ
どる脳神経に傷はなくても、神経を動かす神経伝達物質が減
少すると理解するという能力も落ちるのではないかなあ。

皆さん忙しそうにしているので、私だけ比較的楽な仕事を続
けるのも気が引けるのだが、だからといって元気な人と同じ
ようにはできないだろう。どう考えればいいんだろう。

同じ給料を貰っているので同じだけの仕事をしないといけな
い、というのは昔からのきほんである。
パートやアルバイトが正職員より給料が安いのは、働く時間が
短かったり、仕事内容が易しかったりするからだろう。

パートやアルバイト社員が正社員と同じ仕事をしているのに、
給料に差があるのはおかしいだろう。

でも病気の場合は別次元ということか。もともとパートやアル
バイト社員には休職制度自体が整っていない会社が多いのが
現状だろう。

結局のところ、その時その時の自分の状態に応じて、それにふ
さわしい役割を果たしていくが大事ということになる。自分に
期待されているものが私の能力を超えている場合は、役割を果
たせない。へたするとそれがストレスとなってしまうだろう。

ということは、しっかりと今の自分の状況を正確に周囲の人に
伝えなければならないが、これが難しいだよなあ。うつ病とは
どういう病気でどういう症状があるのかを説明する必要がある。

うつ病患者同士でさえ症状がそれぞれ違うので、分かりあうこ
とが難しい場合があるのに、健常者に理解してくれと言っても
無理だろうなあ。

 - うつ病闘病日記