便秘の話

   

I心療内科を受診。

薬を変更して2週間、症状にほとんど変化がなく
がっかりした。

抗うつ薬による便秘の症状が悪化していたのでアロ
ーゼンを追加してもらった。便秘はひどくなると非
常に辛いものである。身体的な辛さとともに、精神
的辛さがある。つまり便秘の状態は毒素を体内にた
め込んで入る状態なので、何か身体に悪さをしない
だろうかという心配である。

考えてみれば、悪さをすると考えるのが普通だろう
と思う。そういえば昔の話になるが、中学生の頃、
酷い便秘が続いたことがあった。原因は学校で便意
を生じてもトイレに行かなかったからじゃなかった
かな。

どうして行かなかったかは正確には思い出せないが
多分、学校で用を足すということが恥ずかしさか何
かで、出来なかったのではないかなあ。

その頃以降は便秘になったことはなかった。便意
をもよおしたらすぐにどこであろうとトイレに行っ
ていたからだろう。ほんとに何十年かぶりの便秘
である。今回は薬の副作用なので、そのままでは
本当に全くでない。アローゼンに頼るしかない。

処方箋 ドグマチール、ソラナックス、リーマス、
    ジプレキサザイディス、パキシル、
    アローゼン、ハルシオン、ロヒプノール、
    アモバン

 - うつ病闘病日記