裏山へ登る

   

久しぶり天気がいいので、母と裏山へ登った。
木々の間から時折吹いてくる風が気持ちいい。
何回も登っていると、足が鍛えられてきたようできつくない。

今日は比較的に人が多いようである。はたあげしている人も
いる。いつものように公園を3周ほどゆっくり回って気分転
換。公園の奥の方にある屋根付き休憩所で一休み。持参した
バナナやお茶を飲んでしばし世間話。

最近の調子や親せきの人たちの話にも話題が広がる。休職も
もうすぐ10か月になるし、これからどうなるんだろう、と
いう話になるとなるようにしかならないといういつもの結末
に。

お寺参りをしようかとか、なんとか療法はどうなのなかなとか、
いろいろたわいもないことを話す。でも実はこうした何気ない
世間話が胸のモヤモヤ感を幾分和らげてくれるんですね。黙っ
ているとソワソワするが、歩いたり世間話をしたり、車の運転
をすると気分が紛れるようだ。

面白い現象だと思う。今までネットサーフィンしていても、こ
のような症状を持った人は一人もいなかったように思う。私は
特別なのでろうと勝手に思ったりしている。でも他の症状は典
型的なうつ症状なのだ。

1時間程、休憩したあと、公園をまた3周ほどしケ山に入る。
登りと違って下りは足が速い。

 - うつ病闘病日記